Event is FINISHED

チベット ロブサン・センゲ主席大臣来日特別企画「リーダーシップとこれからの社会に必要な人材とは」

Description

2018年220日(火)

「 チベット ロブサン・センゲ主席大臣来日特別企画」

~リーダーシップとこれからの社会に必要な人材とは~

ロブサン・センゲ主席大臣が、同じアジアでありながら、

日本と全く異なる歴史や文化・経済情勢の中、ご自身も激動の人生を歩みながら、

どのような想いや夢を持ってチベットのリーダーを務められているか、

そしてこれからの日本の社会に必要な人材とはどのようなものか、

二部構成でお届けするスペシャルイベントです。

---------------------------------------------

日時】2018年220日(火)18302100


第一部 『自らの人生を切り開く力、リーダーとして大切な真の力とは』

<講師>

ロブサン・センゲ氏(チベット亡命政権主席大臣)

※講演は英語で行われますが、日本語通訳が付きます。

<ファシリテーター>

島田由香氏

ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役 人事総務本部長)


第二部 『これからの社会に必要な人材とは』

<講師>

福原正大氏

Institution for a Global Society株式会社 代表取締役社長)

島田由香氏

ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役 人事総務本部長)


会場】ダイアゴナルラン

東京都中央区八重洲2丁目8-7 福岡ビル4F

参加費】5,000円(税込)

主催:salon du crown

協力:ロブサン・センゲ氏 講演会 実行委員会

一般社団法人ヒューマンバリュー総合研究所

---------------------------------------------

第一部 

『自らの人生を切り開く力、リーダーとして大切な真の力とは』

<講師>

ロブサン・センゲ氏(チベット亡命政権主席大臣)

<ファシリテーター>

島田由香氏

(ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役 人事総務本部長)


リーダーの大切な要素と聞いて、どのようなことを思い浮かべるでしょうか?

リーダーは、仲間のため、組織のためを考え、自らの情熱、エネルギーを費やします。

自分のリーダーシップの強化のためには、"やり方"ではなく、ひとりひとりの在り方に焦点を当てる必要があります。

人の在り方は、行動の基盤となるものです。

在り方が変われば、物事の見方が変わり、

物事の見方が変われば、認識、判断、行動が変わってくるからです。

この度、昨年に引き続き、チベット亡命政府のロブサン・センゲ主席大臣より、ビジネスパーソンを対象に、リーダーシップについて講演頂きます。

昨年度の講演では、リーダーに大切な要素である、レジリエンス(困難な状況の打ち負かされない力)を育むために、Compassion/コンパッションを養うことがとても大切だというお話がありました。実体験に基づく明快なお話の素晴らしさはもちろんのこと、「在り方として、揺るぎない存在感や大きく包み込むような温かい人柄に感動した」等、講演会にご参加の多くの方より、感想を頂きました。

困難な状況においても、人が慕うリーダーシップの在り方を、存在を通して、お伝え頂く講演会となりました。

難民の生活は、私たちとは、全く別世界の出来事とお感じになるかもしれません。

しかし、私たちの日常にも様々な困難はあり、そこにどのように向き合うのか、リーダーとして力を発揮していくのかは、多くの共通点、学びがあることでしょう。

国際社会における新しい世代のグローバルリーダー(「アジアのヤングリーダー」に選出されている)として、今年はさらに、

・どうしたら、困難な状況でもリーダー自身の心が折れることなく、内なるエネルギーとヴィジョンを持ち続けていけるのか?
・どうしたら、関わる仲間の力を最大限、引き出し、共に成長し、
困難に向き合う勇気を与え、逆境を乗り越えていけるのか?
・どうしたら、難しい現実を抜け出て新しい筋道を切り開く智慧が育めるのか?

・どうしたら、自らが、自らの幸せの構築者となり、関わる仲間にも、幸せな生き方を大切にしてもらえるようになるのか?

などについてもお話頂く予定です。

ぜひ、激動のチベット社会を率いるリーダーに直接、触れて頂き、リーダーとしての判断力、覚悟、あり方とはどういうことなのか探し出してみてください


第二部 『これからの社会に必要な人材とは』

<講師>な

福原正大氏

Institution for a Global Society株式会社 代表取締役社長)

島田由香氏

(ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役 人事総務本部長)

「これからの社会に必要な人材」という問いには、ビジネススキルやテクニカルスキル、そして「こうすればなれる」ハウツーなどが語られがちで、ともすれば知識や情報を取りに行くことが目的になってしまったり、他の方と知識量や情報量を比べて焦ってしまいがちです。 確かに情報も知識もご自身を助ける大切な武器でありますが、武器は使ってこそ活きます。 そして世界でも知識・情報の時代は終わり、パッションとクリエイティブの時代が来ると言われています。要は「個人の在り方」、そして何をクリエイトできるかが大切なのです。 変化が加速度を増し続け、翻弄されそうなほどに情報で溢れている現在の世の中で、どのように自分を定め、私たちは理想を持ちながらも毎日の現実とどうバランスをとって向き合い、人生を楽しんで、価値を創っていくのか。またこれからの社会でリーダーシップを発揮するのに本当に大切なことは何か、そもそも「リーダーシップ」とは何か ― 今回のイベントではこういった深い問いをテーマにします。

---------------------------------------------

ロブサン・センゲ氏 プロフィール

ロブサン・センゲ氏(1968103日)は亡命チベット人社会で生まれ育ち、地元ダージリンの中央チベット学校(CST)に通学。その後、デリー大学で英文学と法律を学び卒業。1992年には最年少の TYC(チベット青年会議)執行部委員に選出されている。

1996年、フルブライト奨学生に選ばれ、ハーバード大学で修士過程を修了。その後、2004年にはハーバード・ロー・スクールでチベット人としては初めて法学博士号を取得。博士論文『亡命チベット政権の民主主義と歴史(1959−2004)』は Yong K Kim 賞を受賞している。2005年、米国教育省から学費を免除され、米国で引き続き研究することを許可された。

センゲ氏は国際法、立憲民主主義(Democratic constitutionalism)、および紛争解決を専門としている。これまでに世界各地で講演を多数行い、中国有数の大学の著名な中国人学者らとも議論をしており、現代中国の政治や法にも精通している。中国、チベット、インドそして西洋の学者らを集めて、これまでに7回の大規模な会議を主催している。2003年と2009年にはハーバード大学でダライ・ラマ法王と中国人学者との会議を実現させている。

2007年、センゲ氏はアジア・ソサイエティが選出した『アジアのヤングリーダー』24人の一人に選ばれ、世界中の最も優れた法律家や裁判官が集うワールド・ジャスティス・フォーラム(オーストリアのウィーンで開催)にも出席した。

2008年には米国上院外交委員会、東アジア・太平洋地域小委員会において、米国国務副長官であったジョン・ネグロポンテ氏と共に専門家として証言を求められている。

201188日に行われた新主席大臣就任式では、ダライ・ラマ法王も次のように述べられている。

「私が若かったとき、年長のタクダ・リンポチェ(Takdrag Rinpoche)は私にシキョン(政治的指導者の地位)を引き継ぎました。今日、私は若きロブサン・センゲにこれを引き継ごうとしています。私は今、長いあいだ胸に温めてきたゴールに到達しようとしているのです」

2016527日、チベット亡命政権主席大臣に2期目の就任、任期5年。

---------------------------------------------

福原正大氏 プロフィール

慶應義塾大学招待教授、一橋大学大学院特任教授 

慶應義塾高校・大学(経済学部)卒業後、東京銀行(現:三菱東京UFJ銀行)に入行。フランスのビジネススクールINSEAD(欧州経営大学院)でMBA、グランゼコールHEC(パリ)で国際金融の修士号を最優秀賞で取得。筑波大学で博士号(経営学)取得。2000年世界最大の資産運用会社バークレイズ・グローバル・インベスターズ入社。35歳にして最年少マネージングダイレクター、日本法人取締役に就任。2010年に、「人を幸せにする評価で、幸せをつくる人を、つくる」ことをヴィジョンにIGSを設立。20179月にハーバードビジネススクールのケースにIGSが選出。主な著書に『ハーバード、オックスフォード…世界のトップスクールが実践する考える力の磨き方』(大和書房)、『AI×ビッグデータが「人事」を変える』(朝日新聞出版社)、『なぜ、日本では本物のエリートが育たないのか?』(ダイヤモンド社)などがある。

---------------------------------------------

島田由香氏 プロフィール

ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役人事総務本部長

1996年慶応義塾大学(SFC)卒業後、パソナに入社する。2000年コロンビア大学大学院に留学し、02年組織心理学修士を取得後、GEに入社する。08年ユニリーバ・ジャパンへ入社後は、営業部門のHRパートナー、リーダーシップ開発マネジャー、HRダイレクターなどを歴任し、13年取締役人事本部長へと就任する。144月より現職。学生時代から人事とモチベーションに対して強い関心を持ち、これまで一貫して人・組織と関係するキャリアを送っている。小学校6年生の息子を持つ一児の母親でもある。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#314382 2018-02-07 04:14:03
More updates
Tue Feb 20, 2018
6:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
ダイアゴナルラン(東京都中央区八重洲2丁目8-7 福岡ビル4F)https://diagonal-run.jp/
Tickets
一般 SOLD OUT ¥5,000
Venue Address
東京都中央区八重洲2丁目8-7 福岡ビル4F ダイアゴナルラン Japan
Directions
【JR東京駅】徒歩約9分 【JR有楽町駅】徒歩約7分 【東京メトロ銀座線 京橋駅】徒歩約3分 【東京メトロ有楽町線 銀座1丁目駅】徒歩約4分 【都営浅草線 宝町駅】徒歩約6分
Organizer
ロブサン・センゲ氏 講演会 実行委員会
58 Followers